2000年2月19日の辻占

#000016
自分と彼等との間には、虚偽の膜が、かかっている。その膜を、その偽の膜を彼等は必死になって支えているのだ。その偽は、浮ついた偽でなく、必死の懸命の偽である。
(「忠直卿行状記」)


恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)