辻占 #000060

#000060
もしもわたしが生きているということを大切に思うなら、それが終わることを憎まずにいられるものでしょうか。このわたしが永遠に命の続くことを願っては、なぜいけないのでしょう?
(「さいはての島へ」)


さいはての島へ―ゲド戦記 3