辻占 #000061

#000061
わたしは愛に値するものに自分の愛をささげました。それが王国であり、涸れることのない泉なのではないでしょうか。
(「さいはての島へ」)