辻占 #000065

#000065
それは言葉による戦闘、と言えるだろう。負けるわけにはいかない。それに負けてもかまわないというのは、自分の存在を放棄するに等しい。その結果は、自分を失うということだ。わたしは、自分という存在を常に自身でコントロールしていたい。それはしかし、けっこう困難なことではある。人生とは、そういうものだ
(「永久帰還装置」)


永久帰還装置 (ソノラマ文庫)