辻占 #002376

#002376
いつでも話を聞く用意があるというサインなのだろう。つくづくありがたいことだと思う。同時にとことん情けないこととも思う。
(「鹿男あをによし」)