辻占 #006513

#006513
溜まり、積もった言葉の重みは、いつかその発信者自身を変えてゆく。言葉はそういうものなの。どんなかたちではっしんしようと、本人と切り離すことなんか絶対にできない。本人に影響を与えずにはおかない。
(「悲嘆の門(上)」)