辻占リスト #001070~#001079

#001070
死がわれらを分かつまで、おどろきは尽きまじ。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001071
だったら、やりましょう。迷っているのはわたしたちらしくないわ。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001072
きみたちのなかに、それはちがうと思っている愚か者がいるといけないからいっておく。戦うときは力を惜しんではいけない。戦うなら、なにがなんでも全力を尽くせ。痛い思いをさせるだけじゃダメだ。血を流させるだけじゃ足りない。徹底的にたたきつぶして、反撃できないようにするんだ。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001073
ぼくは人類もなかなか捨てたもんじゃないと思う。ぼくたちは正しい方向に進んでいるんだ。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001074
わたしたち自身、いい親でいられる日もあれば、親として失格のこともあるだろう。とことん悲しみに沈んだり、うれしくてうれしくてたまらない日もあるはずだ。そういう人生を、わたしは生きよう。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001075
世界を変えるのは、書物に名をのこしたいと思う者にまかせておけばいい。
(「エンダーの子どもたち〈下〉」)


#001076
現実がすっごく素晴らしくドラマチックでロマンにみちていたら、誰もお芝居だの小説だのマンガにいれこんだりしないだろうと思います。
(「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」)


#001077
ああ、私はあの人の本名さえ知らなかったんだ。
(「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」)


#001078
異常な攻撃性というものは必ず内部になんらかの原因を持っています。
(「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」)


#001079
本当は愛というのは生殖という、しんどくてべつだんけだかくも美しくもない、むしろなまぐさくてけだもののレベルの作業を無理に飲みこませるためのオブラートみたいなものだと思う。
(「タナトスの子供たち―過剰適応の生態学」)