辻占リスト #001120~#001129

#001120
論理じゃよ!すじ道を立てて考えてみよう。
(「ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)」)


#001121
心にこんななぞをふきこまれたまま、眠れっこないだろ?
(「カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)」)


#001122
「女の子の頭には、からきし地図がはいってないんだもの」
「だから、そのかわりに、すてきなものがつまっているのよ」
(「カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)」)


#001123
じぶんからふさわしいと思いこんでいたら、それこそふさわしくないしるしなのだよ。
(「カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)」)


#001124
まもなくとは、いつのことをもいうのだよ。
(「朝びらき丸東の海へ ナルニア国ものがたり (3)」)


#001125
泣くことは、泣けるあいだは、それなりによいものです。でも、おそかれ早かれ、泣きやまなければなりませんし、そうなると、それからどうするかをきめなければなりません。
(「銀のいす ナルニア国ものがたり (4)」)


#001126
よし、陽気で、いこう。
(「銀のいす ナルニア国ものがたり (4)」)


#001127
いろいろと共通のことを知っているひとたちは、どうしても、そのことを話しあわずにはいられませんし、それを知らないひとがその場にいれば、どうしても、じぶんがのけ者にされているように感ずるものです。
(「馬と少年」)


#001128
ひとはもともと、とくべつに話すこともない時よりも、何かをしようとする時のほうが、たがいにうまくいくものです。
(「馬と少年」)


#001129
そちの流れるようなおしゃべりを中断させるではないぞ。ちょっとしたふつごうなど、なにくわぬ顔でたえることこそ、威厳と作法をわきまえた者のよくなしうるところじゃ。
(「馬と少年」)