辻占リスト #001480~#001489

#001480
私はと云えば――解ったような気もしていたのだが、解らないような気もしていた。
と、云うことは、きっと解らないのだ。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001481
世の中には無駄な言葉などありませんよ。無駄と感じるなら感じる者が無知なだけです。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001482
はきはきとした態度は悪いものではないのだろうが、時には不快なものでもある。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001483
底の知れた神秘より、巧妙な詐欺の方がより効果的だ。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001484
人は――自分のことにだけは目が曇るものです。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001485
考えないことは何て楽なことなんだろう。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001486
寂しいと云うならずっと寂しかったし、寂しくないと云えばこれからも寂しくなんかないだろう。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001487
論理には情けも容赦もない。曲がりもしなければ伸びも縮みもしない。悲しみもお可笑みもない。あるのは選択の余地がない過程を積み重ねる悦びと、整合性を持った結論に至ったときの喜びだけである。一分の隙もない。素晴らしい――と思う。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001488
現実はそんなきれいな形に結実し得ない。現実の世界は不安定で非合理でいい加減なものなのだ。
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)


#001489
――可愛いものが可愛くあろうと努力しないで何処の誰がそれをする!
(「文庫版 塗仏の宴―宴の始末」)