辻占リスト #001610~#001619

#001610
自然は、権力を分別の欠如とひと組にして勝手に人々にわりあてる。知恵や美や富の場合もそうだ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001611
万人は、その囚人また典獄にすぎぬ。これがのがれがたき真理ぞ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001612
すきっ腹でよい仕事のできたためしはないわ。仕事をしているうちに、腹がすくということはあるが。それは別の話でござる。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001613
しかし恋のゲームにおいては、知恵なぞろくな役に立たん。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001614
もっとも、われらになじみのあるものが危険でないかといえば、そうとも言えませぬぞ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001615
かれらはすてばちに死を求めているのではない。かれらは、生が死よりわずかでもおもしろいものだと信じられなくなったら、即刻自殺してのけるだろう。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001616
魂のほうは、いまとなってはあまり価値があるとも思えませぬ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001617
愛していたのですよ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001618
信義は、ほかの何物をも必要とせぬ。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)


#001619
余の辞書にのっているのは、有用性であって信義ではない。
(「暁の女王マイシェラ―永遠の戦士エルリック〈3〉」)