辻占リスト #001640~#001649

#001640
けれど人間にはどこまでも巻き込まれていこう、と意志する権利もあるのよ。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001641
それしかない、と覚悟を決める瞬間は、外から見てどうであれ、個人の体験としてはいつでも重いドアを押して向こう側の空気に身を晒すような清冽なものだ。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001642
世界に秩序を!
だがこの世は彼らが願っているような秩序を供給できない。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001643
その傾向は大なり小なりあらゆる人々のうちに遍在する。ボーダーというよりグラデーションで考えよう。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001644
――私が彼にできるのはそこまでだって分かっていた。いつか私は死ぬ。そしたら彼はどうなる?
ああ、これは全ての障碍と共に生きる子の親が考えることだ。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001645
理解はできないが受け容れる。ということを、観念上だけのものにしない、ということ。
(「春になったら苺を摘みに」)


#001646
たとえ夫婦であろうと、どんなに相手のことが好きだろうと、<本当のこと>なんて永遠に相手には伝わらない。
(「レインレイン・ボウ」)


#001647
少々意地悪なくらいの見方の方が、より真実に肉迫することだってある。
(「レインレイン・ボウ」)


#001648
なりたいものなんて別になかった。なれるものに、なるしかなかった。
(「レインレイン・ボウ」)


#001649
駄目だ、あたし馬鹿だから、思ってることをちゃんと言葉にできないんです。
(「レインレイン・ボウ」)