辻占リスト #001680~#001689

#001680
女というのは、このぐらいの年頃から、どうして、どうしてと訊くことを覚えるのだな。
(「あかんべえ〈上〉」)


#001681
不思議だ。どうして大人の女の人たちは、昔少女だったころの自分たちと同じだけの鋭い耳と目を、今の少女たちだって持ち合わせているのだということに気づかないのだろう。
(「あかんべえ〈上〉」)


#001682
人間、どんなにへこたれていようと、飯さえ食えれば大丈夫だ、まだやっていかれる――
(「あかんべえ〈下〉」)


#001683
人の眼は、そこにあるものを映すだけでなく、心のなかに残っているものも映すのだ。
(「あかんべえ〈下〉」)


#001684
大人はいろいろな思い出を持っている。生きていると、否応なしにいろいろの思いが溜まるものだからな。
(「あかんべえ〈下〉」)


#001685
男が心を乱すことといったら、女に決まっているじゃないか。
(「あかんべえ〈下〉」)


#001686
そんな一途な目で人を見るのは、いつか恋しいお人ができるまでお待ちよ。
(「あかんべえ〈下〉」)


#001687
「人ってのはどうしてこう、汚いんだろうね。どうしてもっと潔くなれないんだろう?」
「それがわかれば苦労はないさ」
(「あかんべえ〈下〉」)


#001688
俺たちは、ようやく道を見つけた。こういう別れは目出度いのだ。
(「あかんべえ〈下〉」)


#001689
人を助けられる者は、その力を出しおしみしてはいけないわ。
(「もしも願いがかなうなら」)