辻占リスト #001940~#001949

#001940
われわれはあまりにも長く、偽りの夢に従ってきた。
(「スクレイリングの樹」)


#001941
〈運命〉という女性はいきなり機会をつきつけてせまるのだ。それを利用するかどうかはわれわれしだいなのだが。彼女のしもべたることは誇らしいが、ときには心休まらぬこともある。
(「スクレイリングの樹」)


#001942
何かをある形で形容すれば、それをある程度コントロールできることになる。
(「スクレイリングの樹」)


#001943
プロというのはわたしのように、とにかく勝ち続けることで生計をたてられる正真正銘の賭博師さ。
(「スクレイリングの樹」)


#001944
われらはみな〈運命〉の道化なのさ。人生はそれからの脱出計画なんかじゃない。避けられぬ道だ。われわれが物語を改変できる部分はさほど大きくない。
(「スクレイリングの樹」)


#001945
繰り返し、回帰こそが、生きていることの確認さ。
(「スクレイリングの樹」)


#001946
脳が拒否しても、血がその言葉を知っていた。
(「スクレイリングの樹」)


#001947
わたくしたちは再帰を、繰り返しを、重んじますが、それは以前のものの模倣ではありません。模倣はむしろ腐敗であり、しっかりしたものを生み出すことはありません。どの糸も新しくなければなりません。たとえ織りなす模様がなじみ深いものであったとしても。
(「スクレイリングの樹」)


#001948
自分の存在に意味を持たせるには、考えてばかりいないで動くことだ。
(「膚の下 (上)」)


#001949
おまえたちを作り、育て、生かしておくのにどれだけのコストがかかっているか、自覚しろ。
(「膚の下 (上)」)