辻占リスト #002240~#002249

#002240
陽気で華やかでたわいもなくて、それでいて見た後で観客がけっこう泣いている――下らないと云わば云え。
(「アマゾネスのように」)


#002241
足をとめないと自分がどういう状態にいるかわからない。
(「アマゾネスのように」)


#002242
なんだか知らねえけど、偉くなるにつれてどんどんどんどん、世の中が面白くなくなってゆくんだよ。だから、酒でも飲まなくちゃやりきれねえと思ってたんだが、その酒さえも思うように飲めねえからだになっちまってさ。
(「風雲への序章」)


#002243
体力をつけ直すなんてことは、あれこれ、やりてえことをやりながら、その片手間にやることにするよ。
(「風雲への序章」)


#002244
俺が一体全体何をやっているのか、それはこの俺自身が一番知りたい。
(「涼宮ハルヒの憂鬱」)


#002245
俺の言ってるのは掛け値なしの嘘偽りなしだぜ。これでも俺には嘘をついたところでどうにもならないときは正直にものを言う習性がある。
(「涼宮ハルヒの溜息」)


#002246
問題はいつ何を聞いたかじゃなくて、いま何をするかなのよ。
(「涼宮ハルヒの溜息」)


#002247
それでも俺は偶然を信じている。俺が信じてやらないと偶然のほうが自信喪失するような気がするんでね。
(「涼宮ハルヒの溜息」)


#002248
誓って言おう。どうかしているのは俺の頭じゃない。
世界のほうなのだ。
(「涼宮ハルヒの退屈」)


#002249
夢は信じるところから始めないといけないのよ。
(「涼宮ハルヒの消失」)