辻占リスト #003100~#003109

#003100
俺たちゃみんな、何かしらそういう拠り所がないと心細くってさ、世渡りができねぇんだよ。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003101
損な男だ。持ち得ている優れたものを足してゆけば、彼の算盤はけっこうな桁を弾き出す。なのに、外見がそれを御破算に戻してしまう。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003102
そうだ。両極は相通じる。正は負に通じ、負はころりと正に変わる。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003103
心の一部は納得する。が、別の一部は、信心してもいない神様を拝んでいるときみたいに醒めている。折伏され切らないものがあるのだ。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003104
が、今となっては離れる契機が見つからぬ。一朝事が起き、この皺腹かっさばいてお詫びする段にでもなろうものなら話は早いが、そのような重職とは生来無縁じゃ。天命が尽きるまで、おめおめ厄介者として生きるより術がない。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003105
おかしなことを教えていただきたいのですよ、ご隠居。もともと、この世間はおかしなところでございますからな。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003106
確かに、ここに嫁に来るにはかなりの度胸と度量が要る。それにこの早口では、想う女ができたとしても、成就は難しいだろう。女の方が、口説き文句を聞き取れまい。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003107
お人好しの血筋、脈―――である。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003108
「実のあることは言わないが、どうでもいいことばかりぺらぺらと」
「ありゃ本人にとっちゃ花も実もあることなんだよ」
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)


#003109
――それはよしにしておきましょう。ずっと遠くから見て、さぞ甘いんだろうなぁと思っている方が楽しゅうございます。
(「おまえさん(上) (講談社文庫)」)