辻占リスト #003200~#003209

#003200
けれど、ぼくらはこの先どうなるだろうとじつは自問しつづけている。歴史は道を示してくれない。進化もぼくらを導いてはくれない。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003201
おまえはあまりに多くを当然のことだと考えすぎる。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003202
わたしは芸術家であると同時に職人でもある。質の悪い粘土をあたえられても、仕事はやってのける。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003203
それはエレガントで、それは美しくて、それは正しかった。だれが発見したかなど問題ではない。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003204
いえ、いいんです。ちょっと思いついただけですから。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003205
ささやかに裕福ではあるよ。だが充ち足りることは決してない。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003206
「それはまた無茶な賭けですな」
「無茶じゃない賭けが、これまであった?」
(「アイの物語 (角川文庫)」)


#003207
現実の物語には、三流のフィクションより出来の悪いものは山ほどある。それらは現実だというだけの理由で、フィクションよりも優れているの?
(「アイの物語 (角川文庫)」)


#003208
他の人には理解できなくても、君にだけは分かるはず。私はその可能性に賭けて、君に話をしているの。
(「アイの物語 (角川文庫)」)


#003209
他人のための冒険はうんざりなの。誰にもしられない冒険。成功しても、誰にも賞賛してもらえない冒険。金儲けや賞賛が目的じゃない、純粋の冒険――それがあたしの望みなの。
(「アイの物語 (角川文庫)」)