辻占リスト #003330~#003339

#003330
こうまでストレートに言われちゃ、さすがの私も観念するしかない。開き直って、にっこり笑ってやった。
(「少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)」)


#003331
守りに入った大人ってのはね、汚いよー。考えらんないくらいずるいこと、平気でするって。
(「少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)」)


#003332
そんなことを言ってもらえるほどのことを、私たちができたとは思えない。ただ、その向けられる好意が、純粋に嬉しくてありがたかった。
(「少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)」)


#003333
なるほど私たちは、支配され、コントロールされ、がんじがらめにされている。愛情だとか、安全だとか、「おまえたちのため」なんていう言葉のもとに。
(「少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)」)


#003334
後悔し、反省して、やりなおせることもある。だが、後悔しても、けっしてやりなおせないこともあるのだ。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)


#003335
もっともかんたんなのは、あの海に飛びこんでしまうことだ。――死んでしまえば、この身体にのしかかっている、重い重い責任を、なくしてしまえる。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)


#003336
――その幸運が、だれかの不幸の上に成りたっていることは、気にならないのか。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)


#003337
単純な理屈で生きられて、幸せなやつだ。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)


#003338
その手で、何千、何万という人を救える立場にいながら、なにもせずに、逃げるおつもりか。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)


#003339
おまえは、とんでもないやつだからな。一度に、たくさんの方向に手をのばすなんて芸当を、やってのけているのを見ると、長いつきあいの、このおれでさえ、なにをするつもりだろうと、ときどきこわくなる。……恐怖は、あっさり敵意にすりかわるものだぞ。
(「蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ)」)