辻占リスト #003420~#003429

#003420
思い出したくないことばかり思い出す。
思い出したいことは思い出せない。
(「リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003421
だが、どんな世界であろうとも、生きている限りは、そこで生き続けるしかない。
(「リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003422
それがおまえの人生に何の役にも立たなかったとしても、見ること自体に値うちがある。あれはそういうものだ。
(「リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003423
自分たちが作りあげたものが、まるで命を持った生き物のように動き出す――あの瞬間の感動を知る生物である限り、私たちはいろんなものを作り続けることをやめないでしょう。安全なものも危険なものも、見境なしに作り続ける。それは人間の罪であり、同時に素晴らしさでもあると思うわ。
(「リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003424
会社が勝負をかけようって時に、よその社に気を遣ってどうする?
(「歪笑小説 (集英社文庫)」)


#003425
たしかに力作だった。だが力を込めたからといって、必ずしも売れるとはかぎらない。また、高評価を得られる保証もない。
(「歪笑小説 (集英社文庫)」)


#003426
物事をはっきり言う人物が、必ずしも毒舌であるとは限らない。ある発言が毒舌に聞こえたとしても、そこに真実、毒があるとも限らない。
(「名もなき毒 (文春文庫)」)


#003427
彼が本当にそう考えるかどうか、私にはわからないし知りようもない。だが、彼がそう考えるだろうと思ってしまう自分自身を――どれだけ慣れたつもりでいても――私は卑しいものに感じる。その卑しさが私を苛むのを感じる。
(「名もなき毒 (文春文庫)」)


#003428
人生で大切なのは、正しい質問を、正しい時に、正しい相手に向かって問いかけること。私はそれを怠った。
(「名もなき毒 (文春文庫)」)


#003429
広い世間には、我々の常識の範囲内では理解できない思考を持ち、その思考に沿った行動をとる人物が、我々が漠然と予想しているよりもはるかに大勢いる。
(「名もなき毒 (文春文庫)」)