辻占リスト #003570~#003579

#003570
女の――とりわけ女房の賢いのは、ただそれだけじゃ持ち腐れなんですよ。それを生かすも殺すも、相方の亭主の賢さ次第でございますからね。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003571
ただ「いい話」だと思っているうちはまだ余裕がある。「飛びついて握りしめないと、たちまち他所へ逃げてしまういい話」となると、余裕も思案も吹き飛んでしまう。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003572
手にかけるほどの価値もない。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003573
悪い智恵も世間知の内――
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003574
亡者はいる。生者の胸の中に。浄土もある。生者の胸の中に。そんな易しいことならば、誰がこうして苦しむものか。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003575
ひとつ悪いことがあっても、それがどんな悪いことであっても、だからってみんな駄目になるわけじゃございません。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003576
ねぇ、寂しくて怖かったですよね。でも、もう終わりました。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003577
それでも、あたしが知っていると思っているあなたのお話と、あなたの胸の奥にあるお話とは、きっと違うと思うのです。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003578
もう、そんな悲しみに浸っているのはよしにしましょう。新しいことをするんです。
(「おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)」)


#003579
死ぬ気になればなんでもできる。それはまあ、昔から言われてきたことである。しかしそれが実感できるのは、なんと死ぬ気になった時だったのだ。
(「壊れかた指南 (文春文庫)」)