辻占リスト #004030~#004039

#004030
「りっぱな人間も、つまらない人間も、努力している人間も、そうでない人間も、みんなみんな平等に死ぬ。大地と海から、綺麗さっぱりいなくなる」
「だから仕事をやめるのかい」
「やめるわけにはいかない。ただ、気力を維持するのは難しい……」
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004031
生まれたものがいずれ死ぬように、集まった人間もいずれ四散する。それもまた、生物の環境への適応なのだ。
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004032
「君は、実に気持ちのいい負け方をする人だね」
「気持ちのいい負け方?」
「全力で負けている、とでも言えばいいのかな。負け方に嘘がない。だから、何度でも復活してこられる」
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004033
おまえが逆の立場だったらどうした?どうせ同じ行動をとったんだろう。自分にできないことを部下に言うんじゃねえよ。
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004034
「君ひとりでがんばっても、たいした成果はないかもしれないぞ」
「誰かが始めれば真似る人間が出てくるはずです」
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004035
若い頃にかなえようと思っていた夢の大半は潰えました。
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004036
この世界では、固定された理想など何の役にも立ちません。世界はバランスで動いている。必要なのは、そのときどきで、臨機応変にバランスを取ることです。そうしなければ何も為し得ない。自分の生き残りすら危うい。しかし……そうやって育てたバランス感覚から見ても、どうしても、これだけは守らねばならないとわかる物事はあるものです。
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004037
「――純粋に、損得勘定から、ものを言っているのかね」
「その通りです。私には美しい理想などありません。他人に誇れる倫理もありません。長い目で見るか、短い目で見るか。その違いを話しているに過ぎません。しかし、基本、それでいいような気がするのです」
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004038
「そうならないように力を尽くします」
「みんなそう言うのよ。そして、そう言ってくれた人から先に、どんどん組織の中で潰されていく……」
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#004039
ここまで来たらもう理屈ではない。お互い、自分のためにしてもらった行動を思い出しながら、ただ直観的に相手を信じるしかなかった。
(「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」)