辻占リスト #004210~#004219

#004210
これは話術なのかしら。口には出せない恐ろしい秘密、子どもも黙るようなぞっとする考えが、無遠慮で皮肉なユーモアとともにぽんと口に出されたのだ。すると突然その恐ろしさから暗澹たる色合いが消え失せて、恐怖は縮み、誰でもなんでも口にできるようになる。そして耐えられない重荷のはずが、少し楽に持ち上げられるようになっているのだ。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004211
こんなふうに微笑む人は、宇宙じゅう探してもめったにいないのは確かだ。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004212
若い者が相手だと、ときどき、いったい自分のいったことが届いたのか、それとも風のなかに放り投げただけなのか、疑問に思うものだ。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004213
「世評というのは、他の人々が自分をどう見ているかということだ。名誉は、自分で自分をどう見ているかなのだ」
「ふうん」
「そのふたつが同じでないときには、作り話が生まれがちだ」
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004214
名誉を守れ。世評なんか落ちるところに落とせばいい。そしてその汚い野郎どもより長生きすることだ。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004215
正直は……彼女に通じる唯一の道なんです。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004216
使用することだけがものになんらかの意味を与える。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004217
いまは以前のわたしではありません。もう戻れないわ。変わった自分も好きとはいえません。それでもまだ……そのままです。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004218
どうしてあなたはぼくに我慢できるんだろう。自分でも自分に我慢できないのに。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)


#004219
あなたといつもいっしょにいたい、わたしを上手に笑わせてくれるんですもの。
(「任務外作戦 下 (創元SF文庫)」)