辻占リスト #004490~#004499

#004490
ひとりぼっちが二人になれば、それはもうひとりぼっちではないのです。
(「疾走 下 (角川文庫)」)


#004491
弱い夫婦は、自分たちが弱いんだとわかっているくせに、生意気なことに親になろうとしたのです。親になれば、自分たちの弱さが強さに変わってくれるとでも思っていたのでしょうか。ばかですねえ。
(「疾走 下 (角川文庫)」)


#004492
「ひとの命に違いなんてあるわけ?殺してもいいひとと、殺してはいけないひとの区別なんてあるの?」
少し考えて、何度か深く息を吸い込んでから、おまえは答えた。
「殺したい奴と、殺したくない奴の区別は、ある」
(「疾走 下 (角川文庫)」)


#004493
〈誰か一緒に生きて下さい〉
(「疾走 下 (角川文庫)」)


#004494
聖書の時代から、どうしてひとは物語を紡ぎつづけ、語りつづけるのか、おまえたちは知っているか?
ひとは、同じあやまちを繰り返してしまうものだから――だ。
(「疾走 下 (角川文庫)」)


#004495
そんなの慣れてたつもりだったのに 私 あんまりうれしくて慣れなんて忘れちゃった。
(「君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))」)


#004496
私といて楽しいかな?…そうだといいなあ。
(「君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))」)


#004497
人のせいにしたって解決なんかできねーんだ。おまえ自分でなんか どーにかしたか?
(「君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))」)


#004498
「どーでもいい」って言われたら なぐさめてやるよ。
(「君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))」)


#004499
…しってる?友達ってね 気づいたら もう なってんの!
(「君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))」)