辻占リスト #004550~#004559

#004550
そんな魂胆は君たちを駄目にするばかり。社会でそれが通用するかい。僕もここぞというときはキビシイよ。出直しておいで。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004551
見渡すかぎり阿呆ばっかり。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004552
「死ぬかと思ったよ」
「死ねばいいのに」
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004553
無益なことと人は馬鹿にするが、無益に耐えることがどれほどの生きる力を必要とすることか。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004554
どれだけすぐれた人間であっても、その能力を世間に活用することを強制されるいわれはない。絵が上手な人にも絵を描かぬ自由がある。歌が上手な人間にも歌わぬ自由がある。自らの才能を世のため人のために生かすも殺すも自由なのだ。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004555
「学生のときはもっと世の中はまともなものかと」
「そうそう。そういうことはたしかに思った」
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004556
人間はね、ちょっと怠け者なところがあると断然可愛くなるな。怠け者過ぎたら手に負えないけど。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004557
俺は自由だ。独身貴族だ。全世界の女性すべてがお嫁さん候補だ。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004558
……それにしてもおかしいな。いささか傷つくね。
これはさすがの俺も傷つくのにやぶさかではないね。
(「四畳半王国見聞録 (新潮文庫)」)


#004559
ああ…俺の座る場所がどこにもない街。
(「孤独のグルメ 【新装版】」)