辻占リスト #004580~#004589

#004580
「で、あいつから、おまえたちが別れたって聞いたんだ。驚いたぜ」
「俺が多分一番驚いたよ」
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004581
あの時も彼女は、自分と一緒にいることがつらかったのだろうか。
いったい、つらくなかったのはいつまでだったのだろう。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004582
とにかく逃げて、生きろ。人間、生きててなんぼだ。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004583
ああ、それは面白そうだ。当事者以外は。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004584
彼女とかって、付き合ってる時はあんなに一緒で、何でも知ってたのに、別れると、本当に何にも分かんなくなりますよねえ。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004585
嘘をつかざるをえない時はさ、やっぱり、それなりに苦悩して、悶え苦しんでくれないと。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004586
当時は、なるほどお父さんは素晴らしいことを言うものだな、と感心し、感化されたが、こうして声に出すと、意味不明だ。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004587
思い出っつうのは、だいたい、似たきっかけで復活するんだよ。自分が思い出してれば、相手も思い出してる。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004588
勢いで行動するんじゃなくってさ、もっと、冷静に手順を踏むのが、人間だよ。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)


#004589
優しいでしょ。優しいのに、何で俺、友達いないんだろう。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)