辻占リスト #005110~#005119

#005110
……でも、許せるときに許したほうが、絶対後悔しないから。
(「ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)」)


#005111
何も悪いことをしてないのにどうしてあたしだけが大人にならなきゃいけないの。あたしの味方をしてくれる人は一体どこにいるの。
(「ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)」)


#005112
その弱さを、ずるさを、嘘を、情けなさを、すべて打ち明けた。
――その弱さを認めたあなたの強さを、
「尊敬しています」
(「ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)」)


#005113
それは重々わかっていたけれど、あの溢れんばかりの気もちが――明るい陽射しのような気もちが――間違っているとは、どうしても思えなかった。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005114
私の行く末を気遣い、おまえにつらい思いをさせたくない、と言ってくれたら、おまえと離れて暮らすのは寂しいと言ってくれていたなら、私の心は揺れただろうか。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005115
なにか事情があったんでしょうけどね、どんな事情よりも大切なものがあるでしょう。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005116
ひたひたと滲みてくる水のようなもので、枯れかけていた草が水を吸いあげてしまうように、いつしか互いが互いに滲みこんでしまっていたのだ。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005117
そうか、と思った。
そうか、おれは死んでいたのだ。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005118
わたしは……生まれてこなければよかったなんて、思わない。――たとえ、生まれるまえから、こんな人生を生きるのだと知っていたとしても。
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)


#005119
あなたは、自分の生に、後悔しかしないの……?
(「獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)」)