辻占リスト #005140~#005149

#005140
たしかに、わけのわからないもの、読み切れないものは怖い。
(「宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)」)


#005141
物語を読む喜び、この1編を読んだことで今日1日が輝いたというか、明日またこの続きを読もうと、そういう力がやはり小説にはある。
(「宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)」)


#005142
「おれはよほど頭が悪くなったな」
風呂に心持よく浸りながら僕は自分の頭の悪くなったことを感じたのです。
(「宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)」)


#005143
我々に食えないものはない!!
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005144
わかったわよ。――あんたが、そういうつもりなら、頭が落っこちるまで、そこに立って、くだらない冗談を言ってればいいわ。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005145
ゲキドした。本当のことを言われると、誰でも、頭にくるものだからである。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005146
我が道を行く。名づけて、お下劣一直線。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005147
真面目にうなずいてみせた。まるで、本当にわかってるみたいな顔つきだ。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005148
――どこかで、釣り銭をごまかされたような気がする。しかし、どこで、いくらごまかされたのか?それを正確に言い当てることは、ついにできなかった。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)


#005149
何を考えているのか(あるいは、考えていないのか)、取りすましたその表情からは、まったくうかがい知ることはできない。
(「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】 (朝日ノベルズ)」)