辻占リスト #005240~#005249

#005240
そこでようやく、この二人の関係が複雑であることを察した。いや、複雑と言うよりは、単純だけど厄介、と言ったほうが近いだろうか。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005241
恥ずかしい。羞恥で死ぬなら、今死んだ。もう死んだ。ほら死んだ。そう思った。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005242
「いったい何の真似なんだ」
「真似じゃない。俺のオリジナルだ」
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005243
「あの人、あの女の人に遊ばれてたのかな」
「どうだろうな。その時は彼女も本気だったのかもしれないし、そういうのは意外に、本人にも分かっていないんだ」
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005244
「そんなに嫌な奴だったのか俺は」
「知らなかったのか?」
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005245
「細かいことを根に持っていると、女の子に嫌われるぞ」
「嫌われてもいいから、細かいことにこだわりたいんだ、俺は」
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005246
煩わしいのは、父親の役割の一つだ。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005247
試験での失敗よりも怖いことは世の中にはいくらでもある。父親たちはそのことをよく知っている。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005248
父親というものは、隙あらば息子を欺きたいものなのか、もしくは出し抜きたいものなのか、たびたび、嘘をつく。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)


#005249
事細かに嘘をついて、ボロが出るよりは、曖昧に言って、心配するな、と言っとけばいい。
(「オー!ファーザー (新潮文庫)」)