辻占リスト #005260~#005269

#005260
私はそれが不安だ。一度も過たなかった者が、たった一度、それも国政と言う大事で過ったとき、それを認めることなんて、できるのだろうか。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005261
相手を信じられないとき、得てして人は相手ではなく、自分への確信を失っているのだ。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005262
あれが、私たちのやってきたことの結果なのだわ。……でも、なぜ?
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005263
最初から誘惑を感じない人が道を守っていられるのは当然のことで、立派でもなんでもないです。罪に誘惑を感じる人が、罪を断固として遠ざけていられる、そのことのほうが何十倍も立派なことなんですよ。――でしょう?
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005264
責めるのは容易い。非難することは誰にでもできることです。でも、ただ責めるだけで正しい道を教えてあげられないのなら、それは何も生まない。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005265
――そして、それがさらに深刻化して破綻が近づくと、浮き足立って妙に明るくなってしまうのだ。刹那的になり、享楽的になる。情緒に流れ、地に足がつかない。このどこか病んだ明るさに亀裂が入ると、同時に国は一気に崩壊を始める。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005266
可能性を想像できることと、それそのものを想像できることとは別物だろう。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005267
助け起こしてやることは必要だが、相手が立ったら手は放してやらないとな。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)


#005268
人の一生で、いったいいつが盛りであるのかと問えば、それは、必ずしも若いときとは限らぬのだなあ……。
(「陰陽師 醍醐ノ巻 (文春文庫)」)


#005269
人は、ゆくものを見て、刻を見る。
(「陰陽師 醍醐ノ巻 (文春文庫)」)