辻占リスト #005290~#005299

#005290
ひとりに一人分の落胆、ひとりに一人分の諦観、ひとりに一人分の絶望。それで充分じゃないか。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005291
「わたしは人に恨まれる覚えはない!」
(え!?)
「おどろいたねどうも…どこの世界にあれだけ言いきれる人間がいるかな?」
(「機動警察パトレイバー 12 (少年サンデーコミックス)」)


#005292
部下にしてみりゃ上司なんてさ――こんなとき以外利用価値ないよ。
(「機動警察パトレイバー 12 (少年サンデーコミックス)」)


#005293
相手を煙に巻くよりほか、僕だって自分を煙に巻く術を知らなかったのである。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005294
あの人、化けものだから。年なんて関係ないわよ。それに九十になっても女は女。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005295
恋が破れたとき、人はこれほどまで心に痛手を負う生き物なのか。僕はこんなにも人を好きになったことなど、これまでたったの一度もない。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005296
「なら、なおさら行くべきだろう」
「え、どうして?」
「火に油を注ぐチャンスだ」
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005297
とんでもない現象を目の当たりにしたにもかかわらず、気持ちは驚くほど盛り上がらない。むしろ、新たな厄介ごとに巻きこまれるのではないか、という不安ばかりが募ってくる。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005298
予期せぬ物事の終わり方に、いまだ現実を冷静に肯定することができない。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)


#005299
つまり、どんな問題にもいつか終わりが来るってことね。とにかく、よかったよかった。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)