辻占リスト #005420~#005429

#005420
「酔っぱらってまぎらわせるもんなら…とっくにやってますよ」
「まぎらわしちゃだめなのよ。切れちゃわなきゃ…」
(「機動警察パトレイバー 15 (少年サンデーコミックス)」)


#005421
おれが?なにをしてやれるっていうの?若者は自分の力で立ち直らなくちゃあ。
(「機動警察パトレイバー 15 (少年サンデーコミックス)」)


#005422
「思いつきでやってるような気もするな」
「だとしたら、まともな神経じゃないよ」
(「機動警察パトレイバー 15 (少年サンデーコミックス)」)


#005423
私と云う言葉は、私そのものではありません。あなたと云う言葉も、あなたそのものではない。言葉は現世に対応してあるけれども、現世そのものではない。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005424
でも、実のところはたった一冊でも良いのでございますよ。ただ一冊、大切な大切な本を見付けられれば、その方は仕合せでございます。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005425
ただ――仮令時勢に適っていなくとも、誰も顧みなくなってしまおうとも、残るものは残ってしまうものですからねえ。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005426
いやいや、そうであったとしても、時流には逆らえないですよ。逆らっても仕様がない。時時折折に合わせて、変わって行くのが正しい在り方です。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005427
儂はね、まあ医者が云うのだから狂うておるのかもしれねえ。でも、ものの道理はまだ解る。躰も、魂も、弱っておるし、神経も傷んで、きゅうきゅうに細っておるけれど、まだ働きてえ。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005428
人には、そうしたことがある。理屈では間違いと解っていると云うのに、如何しても塗り替えられぬ認識と云うのはあるものなのでございます。逆に、それまで毛程も疑わず抱いていた信念が、たった一度の体験ですっかり塗り替えられてしまうこともございますようで――。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005429
そう云う人物には。この時代は生きづらいかもしれぬ。考えることが多過ぎる。信じるものが見え難い。
(「書楼弔堂 破暁」)