辻占リスト #005450~#005459

#005450
互いに良い処も悪い処もある。違うとしても優劣ではなく差異です。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005451
その若さで過去を遡られても、すぐにも行き着いてしまいましょうよ。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005452
現実の人生はそのままですから、辛いことは辛いことのままなのでしょうが、虚構の方は満更でもないですね。いいえ、寧ろわくわくしていますよ。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005453
ならば、何故に斯様な暮らしをしているのだろうと思う。そうしてみると自分が不思議だ。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005454
野良と違って飼い猫は、人の傍で寝るのが商売なのだ。無防備に寝ておれば懐いていると人は思う。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005455
柳に風と謂いますけれど、柳の枝だとて風が吹けば揺れましょうよ。何もかもがご自分を通り過ぎて行くとお思いになるのは、お心得違いと云うものでござんす。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005456
明らかに時代は変わっている。進んでいるのかどうかは判らないが、変わっていることは確かである。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005457
賢いほうが愚かでいるより正しくて偉くて進んでいるのだろうか。強いほうが弱いよりも正しくて偉くて進んでいるのだろうか。皆がそう謂うのだからそうなのだろう。
(「書楼弔堂 破暁」)


#005458
「自分のことが解らないと云うのは、おかしなものなのでしょうか」
「自分のことだから解らないのかもしれませんなあ」
(「書楼弔堂 破暁」)


#005459
どうもこの男には屋外が似合わない。
(「書楼弔堂 破暁」)