辻占リスト #005620~#005629

#005620
「話としてのおもしろさと現実は無関係です」
「しかし美しい現実は、話としてもおもしろいものだぞ」
「もしそうだとしても、それだけのことでしょう」
(「道を視る少年(上) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005621
とにかく、自分の人生なのだからやりたいようにやろう!
しかし問題は、なにをやりたいのかわからないことだ。
(「道を視る少年(上) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005622
真実という旗じるしを隠れ蓑にした権力機構は、真実をなにより恐れる。その嘘がすこしでもあばかれれば即座に権威が失墜するからだ。
(「道を視る少年(上) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005623
箝口令をしいても、民衆はおもしろい噂を話さずにいられないものだ。
(「道を視る少年(上) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005624
世の中に異常者は数多いわ。沈黙しつづける異常者もいれば、話しつづけてみんなを不快にさせる異常者も。
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005625
「子どもにとって愛は感覚だ。大人にとっては決断だ。子どもは相手の忍耐を試して、その愛が真実かどうか測ろうとする。大人は責任から逃げないことで、その愛を真実のものにする」
その定義に従うと、世の中は子どもばかりで大人はめったにいないことになる。
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005626
この年齢の子どもにいったいなにを期待しているのですか?ぼくにあるのは可能性だけで、実績はありません。
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005627
「おれはガキさ。ガキっぽくふるまってなにが悪い!」
「普段はそうじゃないからさ。大人の理解力を期待したおれがまちがってたよ」
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005628
へえ、いつからおれたちは頭を使うのが得意になったんだい?
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)


#005629
「では研究は無駄だったんだね。そこからはなにも得られなかった」
「既存の道では目的地にたどりつけないことがわかったとおっしゃっていました」
(「道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)」)