辻占リスト #005660~#005669

#005660
どの道、ヤバいか、マジでヤバいか、ヤバすぎてどうにもならないかのみっつしかないのだ。あせってもしかたがない。
(「All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)」)


#005661
やりたいことと天賦の才を与えられたこと。そのふたつが別れてしまったとき、どちらの道を選ぶのが本人にとって一番幸せな道なのだろうか?
(「All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)」)


#005662
きみへの涙は、すべての戦いが終わってから流すことにする。
(「All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)」)


#005663
きみがいったことは真実にちかい。でも、半分だけ真実をいって、ぜんぶを伝えていない。それは全面的なうそに等しいね。
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005664
ものに名前を与えれば、それはいつしか名前のとおりのものになってしまう。すべての真実は、つけられた名前にあるの。そして、すべての虚偽も。不適切な名前ほど、その対象を歪めてしまうものはないわ。
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005665
あなたはかつて、わたしの友人だったわ。たぶん、いちばんの友人だった。でも、別れてから、ずいぶんたっていることだし、性急に空白を埋めるのはやめにしましょう。
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005666
未練なんて、いつだって、すこしはあるものだわ。そもそも、あなたの思いがたしかなものであったのならね。
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005667
悪かったと思う。当時はわかっていなかったんだ。しかし、いまはもうわかっている。もう遅すぎるかい?
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005668
たぶん、わたし、自分をうんと偽っているんだと思う。よくないことだわ、自分を偽るなんて。でも、だれもがやっていることでしょう。だれもがね。
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005669
「だったらなぜ、いつまでもそんな境遇に甘んじてるんだ?」
「得意よね、ききにくいことをずけずけきくのが」
(「星の光、いまは遠く 上 (ハヤカワ文庫SF)」)