辻占リスト #005810~#005819

#005810
私は、本当は、この時代にいてはいけない人間だったのかもしれない。でも、この時代に生まれてしまった。この時代で夢を見てしまった。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005811
他人に何かを伝えるには、まず、他人の言葉に耳を傾けねばならない。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005812
客観的で冷徹な判断だけが〈人間の知性〉ではないはずだ。直感的な想いの中にも真実はある。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005813
大人になれば人間は変わる。再会しないほうが幸せという場合だってある。かつて、どれほど熱い約束を交していたとしても、わざわざ思い出してくれとは言えない。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005814
倫理では、人間の技術に対する欲望は止められないわ。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005815
「素直だね」
「愚かなだけです」
「自ら卑下しておきながら何の思慮もなく最悪の選択をしてしまうのが人間だ。素直に反省できるものが最良の人間とは限らない」
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005816
闘わないという選択はできないの?父さんだって逃げればいいじゃない。後ろ指をさされたって休めばいいし、もっと、のんびりと生きてよ。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005817
必要経費を無駄とは言いません。いま支払ってこそ生きる金です。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005818
忘れるんだ。心に隙間が生まれたら、そこへ、どんどん新しいものを注ぎ込め。そうすれば簡単に忘れられる。それが生きて行くってことなんだ。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005819
人間愛よりも、徹底した打算や計算による駆け引きのほうが、真の平和を生み出すことだってある。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)