辻占リスト #005830~#005839

#005830
昔の私はもっと冷静だったよ。合理性によって、すべてを解決しようとしていた。それは、恐らくとても正しいやり方だ。でも、歳を取ったらそれが難しくなった。これは成熟ではなく……私の弱さだ。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005831
「それを誰が決めるのかね」
「何を?」
「幸せだ、本望だと、誰が決めるのか」
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005832
反対意見を持つ者を社会から排除したり、力ずくで叩き潰したりするような真似は、どこの誰にもさせてはなりません。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005833
自分の財布なんぞ、すっからかんにしてみせますよ。トップにいる私がそれをやらなくて、誰がやるというんですか。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005834
私たちの社会は、ほんの少しの不幸が、大きな不幸を呼び寄せる構造になっているから。だから、事前に流れを変えておかねばならんのだ。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005835
空の青さが愛おしい。
死ぬには、もったいない天気だ――
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005836
極限まで突き詰められた冷徹な論理的思考は、ときとして、人間の感情が生み出す配慮と同じ結論を導き出すことがある。
(「深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」)


#005837
僕らはもう良い人じゃないよ。
(「進撃の巨人(14) (講談社コミックス)」)


#005838
お前らは明日何をしてると思う?明日も飯を食ってると思うか?明日もベッドで十分な睡眠を取れると…思っているか?隣にいる奴が…明日も隣にいると思うか?
(「進撃の巨人(14) (講談社コミックス)」)


#005839
私が企業の株価に一喜一憂しているうちに、我が家の株は暴落していたのだ、と気づいた。
(「夜の国のクーパー」)