辻占リスト #005960~#005969

#005960
だが、そのとき、自分たちは、自分の、とてつもない傲慢さから目を背けているのではなかろうか。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005961
何をすべきかが、ふいに心の中で定まった。
たいしたことはできまい。それでも、うごくべき方向だけは、見えた。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005962
ぼくは笑える出来事の連続であやうく死にそうになり、もっと笑える出来事の連続で生き残ることができた。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005963
たぶん、なにか考えつくと思う。でないと、死ぬ。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005964
よし。進めてくれ。どの部門からだれを引き抜いてもかまわんぞ。いくらでも好きなだけ残業してくれ。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005965
もちろんとっくにわかっていたことだ。しかし、わかっていることと、実際に体験することとはちがう。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005966
きみは、ずるくて、賢くて、とんでもないやつだな!
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005967
彼はミッションの統括責任者だ。彼の仕事はすでに終わっている。いま彼にできるのは、見まもり、祈ることだけだ。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005968
きみはきみの意見を述べて、われわれは傾聴した。話を先へ進めよう。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)


#005969
解決すべき問題は多いが、解決してくれる頭のいい人たちも大勢いる。
(「火星の人 (ハヤカワ文庫SF)」)