辻占リスト #006210~#006219

#006210
「……私って可哀相でしょう」
「可哀相だと思っていますよ」
(略)
「もっと可哀相だと思って」
「もっと可哀相だと思っていますよ」
(「有頂天家族 二代目の帰朝」)


#006211
ただ可能性を考えていても結論なんか出ない。
(「ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)」)


#006212
「そうしたら何回も訊いちゃうじゃん」
「察するって選択肢はないんすね」
(「ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)」)


#006213
これがこの人の本音だ。一人で何十年も抱えてきた、とても大事なものを俺たちに預けようとしている。
(「ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)」)


#006214
いつか人は争いをやめるとか誰かが歌っておったが…それはいつじゃ?
(「進撃の巨人(16) (講談社コミックス)」)


#006215
人類が一人以下まで減れば人同士の争いは不可能になります。
(「進撃の巨人(16) (講談社コミックス)」)


#006216
寿命が尽きるまで息してろって?それが生きていると言えるのか?
(「進撃の巨人(16) (講談社コミックス)」)


#006217
好奇心を満たす行為は、とても強力な気晴らしになる。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006218
ジョークのつもりだった。他愛ないものだが、それでもジョークだ。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006219
人が関心を向ける対象の中には、自分の心ときわめて深いところでつながっているものがあって、そのつながりが切れてしまうと、もはや立ちなおれないほど強烈な衝撃を感じてしまうのだ。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)