辻占リスト #006220~#006229

#006220
さすがにもう、あんたのいうことを信じる。あんたを信じる。ほかに選択の余地がないからだ。もっといい仮説はほかに見つからない。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006221
人はさまざまな理由でデータを矮小化し、単純化するものなのだ。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006222
まるで、あれだな、いままではずっとぼくを待っていたみたいな言いぐさだな。で、ぼくはもう、きみの前に現われたのかい?
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006223
「いいや、子供のころにだって、きみのことを好きになってたさ」にやりと笑って、夫はいった。「きみにぞっこんで、どこへいくにもあとをついてまわってたはずだ。すこしもためらわずにね」
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006224
もうずいぶん前から、わたしは約束を信じることをやめてしまっていた。生物学上の決まりごとは信じよう。環境要因も信じよう。しかし、約束などというものは信じない。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006225
必要なものはあまりにも多く、伝えなければならないことはあまりにも多かったにちがいない。そして、得られた成果はなにもなかった……。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006226
夫の友人がわたしの友人であったことはない。ほんとうの意味で友人であったことはない。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006227
わたしにとって、観察とはつねに、人づきあいよりも大事なものなのである。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006228
愛してはいた。だが、必要とはしていなかったし、そういうものだとも思っていた。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)


#006229
今後もその確信が揺らぐことはないだろう。なぜなら……確信するほかに、すべがないからだ。
(「全滅領域 (サザーン・リーチ1)」)