辻占リスト #006710~#006719

#006710
しかし逆に、自責した日々を振り返ろうとしても、自分でも驚くほど、細かいことを憶えていないのだった。脳が、辛い記憶をなかったことにしたのだ。虫食いのような空白の期間があり、それよりも前の自分は、もはや別人のようにも感じる。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006711
既得権が生まれるからこそ人間は動く。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006712
しかし、考えてみてください。優しくしてもらいたいなら、わざわざそんなことをする必要はない。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006713
事態がこうなる前からスタッフは疲れ切っている。そして、わざわざ言われるまでもなく、おそらく休まずに働いてくれる。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006714
どちらも、結局は自分の見たいものしか見ていやしない。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006715
破壊や混沌を見たいと思うことに、何か特別な理由がいるのか?
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006716
しかし、矛盾を抱えたままではいけないのですか。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006717
我々の内面にモラルを生み出すトリガーは、恐怖だ。過ちを犯したとき、人間の脳は怖れを感じるようにできている。この怖れを出発点として、次第にモラルが育まれる面がある。逆に、それをスリルとして享受してしまうと、モラルを獲得することは難しくなる。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006718
勇敢さは人の美徳だ。だが極論すれば、善であることと、勇敢であることは両立できない。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)


#006719
痛みを感じない人間は、他者の痛みを感じることが難しい。
(「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」)