辻占リスト #006900~#006909

#006900
負けた人間には、捨てゼリフを言う権利ってもんがあるのよ。時代劇を観たことないの?
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006901
仕事のついでで近くまで来ているから、ちょっと顔を出さないかと言うのだ。
ついでなんかじゃないことは、声の調子ですぐにわかった。
事が重要であればあるほど、ついでみたいな顔をしたがる。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006902
どうしておれのまわりってなー、こう勘の鋭い奴ばっかし多いんだろう?
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006903
いつから締め切りを守るような人間になったんだ?
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006904
それを後悔しているわけではないが、こんな時、歯止めがきかなくなってしまうのは、少し困りものだった。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006905
──おれは、いい詐欺師には、なれそうもないな。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006906
一度、うちの社員食堂へ来てみろよ。──本当に常識のある大人の会話ってやつが、どんなものなのか、よーくわかるから。言っとくが、ここじゃ、おれもその常識のある大人の一人なんだからな。忘れないでくれ。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006907
背中に注意しろ。どんな相手にも気を許すな。気を許していいのは、死体だけだ。何発撃ったのか、いつも覚えておけ。落ちてる物を拾って食うな。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006908
見なかった夢。
会わなかった人々。
ついに口に出せずに終わった言葉。
そういったものだけで構成されている街が、どこかにあるとしたら……。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)


#006909
──現実なんか見たくもないって、そんな気分の時もあるわけよ。
(「明るい世紀末のすごし方 ブロークン・ハーティッド・シティ」)