辻占リスト #006970~#006979

#006970
いいえ。絶対にそんなふうにはならない。あきらめて凡庸な人生に沈みこんだりしてたまるもんですか。
(「もどれ、過去へもどれ」)


#006971
愛は男たちを動かすためのもの、彼女に支配権を与えてくれるものだった。
(「もどれ、過去へもどれ」)


#006972
いつかだれかを愛することになるだろうが、そのだれかは彼女ではない。
(「もどれ、過去へもどれ」)


#006973
そのときはにっこり笑って右から左へきき流していた。いまは、恐ろしい可能性に愕然としている。人生の土台となっていたものがまちがいだったなんて、そんなことがあるだろうか?
(「地球は蛇のごとくあらたに」)


#006974
かれらの興味が尽きたところから、彼女の興味ははじまっているのだ。
(「地球は蛇のごとくあらたに」)


#006975
節目ではあるけど、最後ではない。
(長澤公介)


#006976
――憎しみは、ときには恋とおなじほど自然で奇跡的なものなのである。
(「夢幻世界へ」)


#006977
スパイし、観察し、冷血な笑みをふりまき、ときには意外なことに、掛け値なしの建設的な意見を出した。
(「夢幻世界へ」)


#006978
おたがいの存在を感じ、おたがいの必要なものを察するのに、こんな有様でどうやって静かにできるのか?
(「昼下がりの女王」)


#006979
われわれは一部の集団に奉仕してきた。本来なら人類に奉仕すべきだったんだ。
(「昼下がりの女王」)