辻占リスト #007160~#007169

#007160
わたしに許しを与えられるただひとりの人は、もうこの世にいない。
(「亡霊星域 (創元SF文庫)」)


#007161
ーーけれども自分は、生き延びたいのだろうか?
(「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」)


#007162
私たちの立場は違う。……けれども、折り合うことはできるんじゃないかしら。
(「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」)


#007163
「すーー済まないーーこんな体たらくでーー」
「生き抜いたじゃないか、上出来だ」
(「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」)


#007164
人間ってものは、何かの基準に沿って人を愛するなんてことは、そもそもできないじゃないか。愛ってのは、どこからともなく、理由もなく湧き起こって、それで人は人を好きになるんじゃないか。それをどうやって制止できるっていうんだ?
(「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」)


#007165
これは価値のある問いかけだ。自分たちは難局を切り抜けることに精いっぱいで、まだわからない。このような問いそのものを立てていない。それゆえにこの問いは尊い。
(「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」)


#007166
男って一生のうちになん人の女の子の涙をとめてやれるんだろう?
(「うしおととら (10) (少年サンデーコミックス)」)


#007167
男って一生のうちになん人の女の子の涙をとめてやれるんだろう?
(「うしおととら (10) (少年サンデーコミックス)」)


#007168
上司が意地を張ると、下の者が苦労する。
(「ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル (講談社文庫)」)


#007169
おまえはいつもそうやってすました顔で、当たり障りのない正論を吐く。すべての出来事を一般論にしてしまえば、さぞかし自分は楽だよな。
(「ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)」)