辻占リスト #007240~#007249

#007240
彼女は学んだつもりでいる。しかしね、自分で思うほどには学んでいないし、目の前に突きつけられても、まともに反応できない。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007241
ふたりの関係は彼女にも、あなたにも、良い面があるだろう。だからといって、心が傷ついてまで関係をつづける義務はない、とわたしは思う。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007242
「あなたが生きて帰ってきたら――率直にいえば、同朋、あなたの勝率は低い――またあらためて尋ねたい」
「勝率に関しては同意見だ。しかしわたしはこれまで、勝率をもとに諦めたことはない」
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007243
できることはない。何ひとつない。これまでもそうだったのだ。こうなる道をひたすら歩んできたのだ。ずいぶん長い歳月、強い決意でのりきってきただけで、この瞬間はつねにわたしの前にあり、わたしを待っていた。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007244
こんなことは、苦しむ側になったことがなければ、いくらでもいえますよね?どうして、なぜ、わたしたちだけが苦しまなくてはいけないんです?
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007245
千年後、あなたが心配するようなことは何ひとつ問題ではなくなるだろう。あなたにとっても問題ではない。とっくに死んでいるからね。わたしも気にしないし、いま生きている者は誰も気にしない。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007246
「意味があるとすれば――」わたしはほほえんだ。「それは〝意味などない〟ということかな。一人ひとりが自分で決めるだけだ」
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007247
まあね、わたしにはどうしようもないかもしれない。あれこれやるのは現実的ではないでしょう。しかしそれでも、話してはくれないと。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007248
ぼくはずっと考えた。だがいまだに、なぜきみがあそこまで怒るのかがよくわからない。しかし、それはもういい。きみは傷ついた。ぼくはそれを聞いたとき、すぐにあやまり、ごたくを並べるのをやめるべきだった。そしてじっくり、ふりかえるべきだった。きみのほうこそ、ぼくに合わせろなんていわずにね。きみにあやまりたい。ほんとうにごめん。今回は心からの謝罪だ。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)


#007249
わたしは家族を知りません。家族に関する大量の情報を知っているだけです。
(「星群艦隊 (創元SF文庫)」)