辻占リスト #007700~#007709

#007700
泣くのは、全てが白日の下にさらされてからだ。泣くことのほか、もう何もできなくなってからでいい。
(「この世の春 下」)


#007701
目眩を覚えるほど次から次へと、驚くべき出来事の連続だった。
(「この世の春 下」)


#007702
誰も信じてくれないと思い込んでいたから。
誰も助けてくれないと思い込んでいたから。
誰にも言えぬと思い込んでいたから。
(「この世の春 下」)


#007703
人が〈戻れるものなら〉などと言うのは、戻れぬとわかっている時だ。あるいは、戻らぬと決めている時だ。
(「この世の春 下」)


#007704
人々の真摯な努力によって、私は再びの生を与えてもらった。だが、私のこの生が許されるかどうかは、これから先の私の生き方によって決まる。
(「この世の春 下」)


#007705
『忘れる』人はあとで苦しむ。
(「見てしまう人びと:幻覚の脳科学」)


#007706
ただでさえ、ここでは悪意ある噓は通じやすく、好意の真は届きにくいものなのです。
(「烏に単は似合わない  八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)」)


#007707
アタシから言わせてもらえればね、別に、好いた男と一緒になるだけが、女の幸せってわけじゃないんだ。そこを勘違いして、ゆめゆめ、自分の幸せを逃がすんじゃないよ。
(「烏に単は似合わない  八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)」)


#007708
欲張るのなら、自分の幸せだけでいいではないか。いいかげん、自分の心に素直になってはいかがか。
(「烏に単は似合わない  八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)」)


#007709
「恵まれているだのなんだの言っていたが、贅沢な暮らしの代わりに、幸せを逃しているのなら、それは本当に恵まれていると言えるのか?
(「烏に単は似合わない  八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)」)