辻占リスト #007860~#007869

#007860
頭ではできないと思っていても、体がちゃんとやってくれる。血と汗を流した修業ってのは、そんなもんだ。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007861
町に出て、ぐうたら生きているやつの格好を見てみろ。どいつもこいつも、野良犬みてえによろよろと歩いてやがる。胸を張って、しっかり前を見ながら歩くことが、一番むずかしいんだ。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007862
実のところ彼には悪意や野望のかけらもない。まじめな人物がまじめに仕事をした結果、こういうことになったのである。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007863
覇者となる資格はなかった。もちろん資質はあったよ。だが、資格がなかったのだ。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007864
さぞかし辛かろう。父は父たることを忘れることができるが、母は母たることを片時も忘れることはできぬものだからの。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007865
だって、あなたがおかわいそうだから。親の悲しみを救うのは、子のつとめですから。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007866
たしかにこの男は天才だ。天才にはちがいないが──足元がまったく見えていない。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007867
天意の前に、人はあまりに小さすぎる……すべては天の決めたことであろう。願わくば今すこし天が雄弁であれば、他に手だてもあろうが。
(「蒼穹の昴(2) (講談社文庫)」)


#007868
僕だって身よりがないし、お金もありません。でも、だからってあなたを選んだわけじゃありません。好きなんです。ずっと好きだったんです。
(「蒼穹の昴(3) (講談社文庫)」)


#007869
俺は君の出世のためになら、一杯のアウスレーゼで世界を君に売ってやる。
(「蒼穹の昴(3) (講談社文庫)」)