辻占リスト #003190~#003199

#003190
わたしはおまえに命をあたえた。それなのに、わたしを拒めるのか?
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003191
あなたはわたしと同じ理由で笑っているのかしらね?
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003192
真に言語道断な行為などめったにないものだ。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003193
もっとマシな計画が必要だったが、いまはそんなことを議論している場合ではない。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003194
ぼくにはもう、嘘をつく必要のある相手が多すぎる。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003195
ぼくは高い授業料を払って、何かを永久不変だと思いこんではいけないことを知った。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003196
いかなる合理的基準に照らしても、誠実さと協調性のほうが、ごまかしや虐殺よりも、はるかに豊かな見返りをもたらす。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003197
特別な計らいを要求する以上は、なにかの見返りを提供するのがふつうでしょう!
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003198
なにかをひとつ手に入れたら、わたしたちはふたつを欲しがる。とくに、自分たちの敵がもうひとつのほうを手にしている場合はね。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)


#003199
抽象的概念としてなにかを信じることは、それを目の前にぶら下げられることと同じではない。
(「プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)」)