辻占リスト #004130~#004139

#004130
クマのプーさんに知性が加われば、確かに無敵だ。いや、無敵ではないか。
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004131
「こんなのは初めてですよ」
僕なんて、毎日こんなのばっかりです。
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004132
「それはそれで笑える」
笑うのが目的ではないんです。
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004133
ココロガツウジル?俺とおまえが?馬鹿言うなよ。何で、俺がおまえと心を通わせなきゃいけねえんだよ。
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004134
「それ、さっきも聞いたんだけど」
「大事なことは繰り返して覚えなさい、って言われなかった?」
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004135
歴史に残るような特別さはまるでなかったけれど、僕にはこれが、特別な時間なのだ、と分かった。この特別ができるだけ長く続けばいいな、と思う。甘いかな。
(「チルドレン (講談社文庫)」)


#004136
真剣な発言をユーモアだと誤解されるのは、不本意だった。だいたいが、どのあたりが可笑しいのか、自分が理解していないものだから、次の会話に生かすこともできない。
(「死神の精度 (文春文庫)」)


#004137
そうか、と思った。私に欠けているのは、仕事への情熱だ。
(「死神の精度 (文春文庫)」)


#004138
どうして人間は、何かと言うと同意を求めてくるのだ。
(「死神の精度 (文春文庫)」)


#004139
気が利いているようでいて、実のところ何も言い表していない、という台詞を私は言ってみる。こういう空虚な言葉が、間を埋めることはよくある。
(「死神の精度 (文春文庫)」)