辻占リスト #005920~#005929

#005920
――怒るというより、怖くなったんじゃないかな。
自分の勝手な思い込みで物事を動かし、上手くやっていると思っていた人間が、現実はそう甘くない、バレてるぞ、今にしっぺ返しを食うぞと突きつけられたのだ。
(「ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)」)


#005921
「自分でも、ちっとはやり過ぎだと自覚してんだろな?」
「やり過ぎなくらいでちょうどいいんです」
(「ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)」)


#005922
でも、その形で真実がわかるのなら、それはそれでいいじゃないかと思ったのだ。
現実はそこまで素直じゃなかった。
(「ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)」)


#005923
おのれの身体に残る命の火が消えていくまでは、生きねばならない。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005924
先の希望を失った日々を過ごすうちに、いつの間にか、心の中にあった何かが磨り減ってしまっていたのだろう。かつてなら考えずとも気づいたことに、気が回らなくなってしまっている。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005925
おれの考えをおまえに語っていたら、夜が明ける。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005926
誰にとっても宝石、というわけではありますまい。あなたが手にしてこそ輝く原石だ。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005927
どちらを採っても痛みがあるなら、痛みが少ない方を選ぶしかない。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005928
北の地の春は、子どものようだ。
長い我慢から解き放たれると、とたんに、明るくはしゃぎはじめる。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)


#005929
長く生きられる命と、長くこの世にいられぬ命。いったい何が違うのだろう。
(「鹿の王(上下合本版) (角川書店単行本)」)