辻占リスト #006380~#006389

#006380
申し合わせたわけでもなく淡々と進むありふれた共同作業が、奇跡的な瞬間に感じられる。
(「皆勤の徒 (創元SF文庫)」)


#006381
みんな何かに酔っ払ってねぇとやってらんなかったんだな…みんな…何かの奴隷だった…あいつでさえも…
(「進撃の巨人(17) (講談社コミックス)」)


#006382
みんながフリーライダーになりたいと思っているのだから、いつまで経っても何も起きない。
(「「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)」)


#006383
自分がリーダーだと思い込んでいる人は自分の知識を過大評価し、まったく根拠もないのに自信に満ちあふれた雰囲気を醸し出す。
(「「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)」)


#006384
絶え間なくバカにされても平気なようには人はできていない。
(「「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)」)


#006385
いまとなっては、役割など気にかけている場合ではないかもしれない。しかし、それでも演じるべき役割というものがある。
(「世界受容 (ハヤカワ文庫NV)」)


#006386
世の中には、訪れるのが遅すぎるものがある。しかし、いくら遅すぎても、まったく訪れないよりずっといい。
(「世界受容 (ハヤカワ文庫NV)」)


#006387
その熱意が真摯で本物であることはわかる。だが、軽薄で未熟でもある。
(「世界受容 (ハヤカワ文庫NV)」)


#006388
「質問して、なにが悪いの?」
「悪くないとも、なんにもな」じっさいには、なにもかも悪い。ひとたび質問をされれば、それまで確実であったことがらも不確実になってしまう。質問とは疑念をいだかせる入口にほかならない。
(「世界受容 (ハヤカワ文庫NV)」)


#006389
じっさいには、なにか自分を支えるもの、馴じみのあるものにしがみつきたいだけでしかない。だが、そんなうそをつく気持ちもなんとなくわかる。
(「世界受容 (ハヤカワ文庫NV)」)