辻占リスト #006470~#006479

#006470
答えのない空虚さなど、遊びの楽しさがすっかり埋めてくれるのだと思っていた。
(「光圀伝」)


#006471
世の飢えた者を救うには銭が要る。せめてお前が殺めたのと同じ数の人を救って死ね。
(「光圀伝」)


#006472
潔白ならば身の苦しみは大したことがない。身外の苦しみは些末なことだ。後悔は身中に生まれて逃れようがない。どちらが苦で、どちらが楽か。選ぶのはその者自身だ。
(「光圀伝」)


#006473
天地の狭間にあるもの、悉くが師だ。
(「光圀伝」)


#006474
何に思い悩んでいるのか知らんが、自分で解決しろ。さもなくば殺してやりたくなる。
(「光圀伝」)


#006475
共感はしてくれるが、賛同はしてくれなかった。
(「光圀伝」)


#006476
どうにも理解しきれなかった。胸の苦しさが邪魔をして、上手く考えることができない。
(「光圀伝」)


#006477
相変わらずの石頭め。そんなだから見目は悪くないのに、女にもてないんだぞ。
(「光圀伝」)


#006478
本当に女っ気のない清廉の士だったら、とっくに惑乱し、なるようになっていたはずである。
(女に慣れておいて良かった)
(「光圀伝」)


#006479
だがこの問いには罠を仕掛けるというより、ひどく切迫したものがあった。遮二無二、答えを求めている者の必死さに満ちた問いだった。
(「光圀伝」)